コロナ禍での韓国出張 出国~帰国までの流れ/隔離生活【2021年12月時点】

雑記
 

みなさんこんにちは!
普段、謎解き・脱出ゲームのレビューを紹介している本ブログですが、
今回はコロナ禍での韓国出張の、出国~帰国までの流れ、帰国後の強制隔離生活の様子をご紹介します。

というのも、
だんなねこが昨年12月に仕事で韓国出張に行ってきたのですが、
ネットで検索してもほとんど情報がなかったので、かなり手探りだったんですね。

今後もこのような状態が続くかはわかりませんが、
少しでも参考になる方がいればと思い、記事にさせていただきます。

ただし本記事はだんなねこが2021年12月に行った時の状況であり、最新情報については大使館の情報を必ず確認してください。

コロナ禍での韓国出張の準備に必要なことは下の記事に記載していますので合わせてご確認ください。

スポンサーリンク

韓国への渡航について(2022年1月時点)

最新の状況は下記のサイトが非常に参考になります。

韓国|渡航情報
渡航に際して必要となる手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています。

2022年1月時点の韓国への渡航については以下となっています。

  • 2020年3月9日0時以後に新たに発給された韓国ビザがない場合は入国できない
     (ビジネス・冠婚葬祭など緊急性の高い要件でないと基本的にはビザが下りない)
  • 韓国入国後は予防接種完了者でも 10日間の隔離義務 が生じる
    (緊急性が高い要件の場合隔離免除が可能。
    ただし韓国現地での申請となるため取引先企業の協力が必須。後述します)
    ※2022年2月3日まで隔離免除は不可との記載がありますが、2021年12月末時点ではだんなねこは免除の許可が下りました。韓国現地企業側によく確認することをおすすめします

旅程

2021年12月末に韓国に出張してきました。
旅程としては以下です。

  • 使用空港:成田空港⇔ソウル仁川空港
  • 韓国滞在期間:5泊6日 (到着後PCR検査を受けて、結果がでるまでは指定ホテルで隔離)
  • 帰国後の指定ホテルでの強制隔離: 6日間
  • 帰宅後の自主隔離:8日間

出国~帰国までの流れ

日本出国時

空港でチェックイン時にPCR検査結果、ビザ、隔離免除証明を確認されます

韓国到着後

PCR検査結果、ビザ、隔離免除証明を確認されます。

パスポートチェック後、最寄りのホテルまで移動します(だんなねこの場合はgimpo marina bay hotel)

隔離ホテル到着後

ホテル到着後、渡される健康証明書(説明が日本語記載なので安心)に必要情報を書き、韓国の隔離用アプリを入れます(“検疫申告”というアプリ)

ホテルのwifiを使用可能です。
アプリは全て係りの人が設定してくれます。

部屋に着いたらPCR検査を行ないます。

ホテル代金は無料。ご飯も支給されますが、夜ご飯がカップラーメン、翌日の朝ご飯がまずい弁当でした。。。

日本語のメンタルケアのパンフレットも用意されていました

到着翌日

PCR検査が陰性であれば朝9時に解放されます。

受入企業の迎えでホテルから目的地に移動し、ここからは自由に行動することが出来ます。

ホテルから出るときは、免疫タクシーなるものが使用可能らしいとのうわさがあるのですが、詳細は分からず。。

日本入国72時間以内

PCR検査を現地の病院で受けます。病院の予約は受け入れ企業に依頼しておく必要があります。
また、入国の何時間以内の陰性証明書が必要かは政府からの最新情報を確認ください。

だんなねこの場合は、病院の担当者が韓国語しか話せなかったので、受け入れ企業の方のサポートがなかったら厳しかったです。

ちなみに韓国入国後6~7日目にもPCR検査を受ける必要があります。

ただ、大使館HPには「入国後6~7日目に追加検査を実施」との記載があるだけなので、6~7日目で出国する場合は追加検査は不要と思われます。
私は6日間滞在し、PCRは4日目に受けましたが、6日目の追加検査はしていません。

韓国出国時

空港でのチェックイン時にPCR検査結果を提出します。確認のためなのでちゃんと返してもらえます。

また、チェックイン時に、日本での隔離環境などの情報をまとめたQRコードを、スマホを使って専用サイトで作成し、COCOAアプリとMySOSアプリも入れさせられます。下記URLの②、③ですね。

日本|入国・帰国時の渡航情報
日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています。

日本帰国後

飛行機内で渡される隔離同意書やPCR検査結果などを到着後に確認されます。

また、MySOSアプリ、グーグルマップの設定(トラッキング機能をONにされる)を窓口の人がやってくれます。

窓口では、ホテルでの強制隔離が終わった後の空港~自宅までの移動手段を聞かれます。
移動手段が確保されていない場合は次のステップに進めません。
私は窓口で、強制隔離終了後の帰りの時間の目安を聞き、その場で電話してハイヤーを予約しました。
強制隔離がない場合は事前に予約することをおすすめします。当日のハイヤーを予約することは難しいです。

次にPCR検査(唾液)を受け、”PCR検査結果が出るまで”&”隔離ホテルが決まるまで”待機します(だんなねこの場合は3時間)。

ホテルでの強制隔離がなければPCR検査結果が出たらハイヤーで帰れます。この場合は3時間は待たないと思います。

レンタルwifiを空港返却にしている場合は、ホテルに移動する直前に返せます(窓口の人に言う必要あり)

スポンサーリンク

隔離生活

韓国からの帰国者は6日間のホテルでの強制隔離となります(帰国の翌日が1日目)。

だんなねこの場合は成田空港近郊のホテルがいっぱいで,バスで1時間移動した北関東のホテルで隔離となりました。

一日の流れ

朝8時に専用サイト上で体温、体調を報告します。体温計はホテル到着後に配られました。

8時、12時、18時にご飯をドアノブをかけてくれます。
全部同じような弁当で正直マズいです
隔離生活中、ご飯だけが本当にきつかったです。。。

MySOSアプリの体調報告が1日1回、現在地報告および、AIとのテレビ電話が1日に数回あります。(自宅に帰ってからの自主隔離中も同様です)

隔離3日目、6日目(最終日)はPCR検査があり、朝6:30に唾液を提出します。

隔離生活概要

  • インスタントコーヒーや緑茶パックは電話でスタッフの方にに言えば自由にもらえます
  • タオルやシーツは交換してくれません(清掃は入りません。スタッフの方に言えば新しいものをもらえます)
  • 衣類の洗濯はバスタブで行います(洗剤は小分けのものが部屋に配られています)
  • 荷物の受け取り(アマゾン、UberEats、家族からの差し入れ)は可能です。
    だんなねこも家族から食べ物を送ってもらいました。
    送られた荷物はスタッフの方が確認し、アルコールについては没収されると入室時に説明されました。
  • 寝間着は無いので、持参が必要です
  • 湯沸かしポット、冷蔵庫が部屋にありました。レンジはありませんでした。

最終日

同じ日に隔離が終了する方全員のPCR検査結果がわかった後、成田空港にもどり、そこで解放されます。大体16~18時に隔離ホテルからは出発できるようです。
隔離ホテルで現地解散ではなく、必ず成田空港に戻る必要があるので注意が必要です。

成田空港に到着後は、家族の迎えや予約したハイヤーで自宅に帰ることになります。
電車、バスなどの公共交通機関は使用できません

帰宅後~帰国後14日目

MySOSアプリの体調報告が1日1回、現在地報告および、AIとのテレビ電話が1日に数回あります。まれに人間のオペレータさんから電話がくることもあるらしいです。

自主隔離中は買い物など必要最小限以外は家からは出られないことになっています(googleマップのトラッキング機能で監視されています。)

悪質な違反行為をする方は実名公表されるとのことなので、常識的な行動をしたほうがよいですね。

まとめ

実際に韓国に行って帰ってきた感想としては、空港での入出国の実際の流れは非常に整理されていて混乱したりしないようになっていたので、そこは安心でした。

一番大変だったのは帰国後の隔離ホテルでの隔離生活ですね。とにかく支給されるごはんがマズ過ぎました。全体的に茶色い弁当で栄養も偏るので、コロナではなくこのご飯で体調を崩しそうになりました。。。
途中で家族からビタミン剤やお菓子などを送ってもらって本当に良かったです。なかったら本当にヤバかったです。。。

出張準備の必要事項などは下の記事に記載していますので合わせてご覧ください。

それでは、ありがとうございましたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました